fbスイングトレードとは | IFCM ジャパン
IFC MarketsオンラインCFDブローカー

スイングトレードとは

スイングトレードとは

スイングトレードとは

スイングトレードとは、2、3日から数週間の短期間で売買を完結させるトレード手法です。現物取引でも可能ですが、資金効率、取引コストを考慮すれば、レバレッジを効かせられる信用取引に適した取引手法といえます。スイングトレードの基礎知識と、初心者向けの売買手法とコツについ て説明します。

数日から

スイングトレードとは、投資対象の株式銘柄を数日から数週間単位で次々と乗り換えていく投機手法です。本トレードにおける原則は、現在上昇トレンドにある業種の関連銘柄に投資することです。ただし、好調業種の銘柄だからといっても、財務体質の脆弱な企業を選ぶことは厳禁です。初心者の方は、短期的な スキャルピング 取引戦略を選択しています。

取引を開始する前、知識をテストしてください。

口座タイプの選択に必要な12の簡単な質問....

中期取引の主な利点と落とし

中期取引の主な利点は下記の通りです。

  • 長期取引と比べてリスクが少ないです。
  • 有能な資金管理で比較的高い収益性です。 1つの成功取引は、短期的な取引と比較して、大きな利益が得られます。
  • スイングトレードを行う際は、必ず決められた短期の投機期間を厳守することが重要です。文字通り資金を振り回すようにトレードを行うことが肝要であり、中途で長期保有に切替えるようでは意味がありません。
  • 最小限の感情的ストレス
  • あなたの個人的な時間の節約 スキャルピングやデイトレーディングのように、市場を24時間監視して注文を追跡する必要はありません。 1日に数回状況を制御するだけで十分です。
  • 似たような思惑の投機家が集まるため、株価上昇速度と同様に下落速度も速く、含み損を抱えた際に損切り出来ずに塩漬けにしてしまうような初心者には向いていない手法といえます。
  • 短期売買と聞くとデイトレードをイメージする人もいるかもしれません。デイトレードは一日で売買を完結するトレード手法です。

スイングトレードの悪い点は下記の通りです。

  • 適切な取引やトレンドを見つけるのはそれほど簡単ではないため、スイング取引はその使用の機会が少なくなります。
  • 中期取引のリスクは短期取引よりも高いです。
  • ご推薦の入金金額は大きいです。
  • 大きい取引量のあるポジションを開設するのは推薦されていないです。
  • 週末のギャップはトレンドの発展に悪影響を与える可能性があります。
  • ネガティブスワップ

スイング取引のルールと方法

スイングトレードは、デイトレードのように1日の値動きに振り回されることなく、トレンドに乗って大きく利益を伸ばすことが可能ですが、相場終了後の不確定要素に弱いリスクを孕みます。

また、トレンドに乗った瞬間が最高値だったという場合もあるため、時として大きな損失を生む場合があります。

  • 波動分析
  • 下値支持ラインと上値抵抗ライン トレンドラインをしっかり分析することができれば、トレンドラインに沿って売買の回転を効かせていくことが可能です。
  • フィボナッチレベル、チャネル、信号、長方形、三角形、フラグ、ウェッジ
  • 移動平均線(200日間の移動平均線)
  • 一度に複数の時間枠を分析
  • リスクマネジメント

トレンドラインとは、チャートの高値同士を結んだ線(上値抵抗ライン)と、安値同士を結んだ線(下値支持ライン)のことです。上値抵抗ラインには、そのラインよりも価格が上昇しないように抵抗する働きが、下値支持ラインには、そのラインより価格が下がらないように支持する働きがあります。2つの線が右肩上がりになっていれば上昇トレンド、逆に右肩下がりになっていれば下落トレンドと判断します。

  • 時間内にポジションをオープンし、ストップロスを設定し、利益の注文を正しく受け取ると、市場は利益に向かって移動することで即座に反応します。
  • 日中に成功した場合のみ、注文を翌日に転送します。
  • 市場の価格が数時間変わらない場合は、損失を最小限に抑えて最初のロールオーバーに出かける必要があります。
  • 特に負のスワップの場合は、一晩放置せずに、不採算注文を手動で閉じる方がよいでしょう。 翌日、新しいエントリーポイントを通じて市場に戻る機会を得ます。
  • それがあなたに収入をもたらす間、注文をアクティブに保ちます。
  • 注文をアクティブ化した後の中期予測が不明な場合は、キャンセルして市場を再分析することをお勧めします。
  • 大きい取引量のあるポジションを開設するのは推薦されていないです。
  • 市場が開いてすぐに、そしてマクロおよびミクロ経済の重要な地政学的なデータ公開に先立って、新たに注文する価値はありません。 彼らはトレンドの方向を大きく変えたり、逆にしたりすることがあり、それはあなたの取引口座に悪影響を及ぼします。

スイングトレードとは、2、3日から数週間の短期間で取引を完結させる短期売買です。取引のタイミングは、株価に対して「逆張り」での取引となりますが、トレンド相場においては、トレンドラインに対して「順張り」で取引する投資手法となります。 建玉を保有し続ける取引なので、ロスカットラインを設定するなど、ポジション管理に注意が必要です。取引を開始するため、口座を開設して下さい。

世界中の市場へアクセス
取引の基本は正しい予想です。取引を体験。
world map