USDCADライブチャート


USD/CAD相場

Loading
取引状況:クローズ 取引
1.3412
価格変更:前日比または取扱いの最終日比
本日の相場
プレクロージング ---
オープン価格 ---
本日、高値 ---
本日、安値 ---
前日比 ---
このチャートについて

チャートについて

ライブチャートUSD/CADは様々の通貨ペアや株、株式指数を含む金融商品に関する詳しい情報を見せます。チャートメニューから商品カテゴリーそれから商品USD/CADを選び、1分から一週間までの様々な時間帯を選べます。チャートを移動し、歴史的なUSDCADデータもみることが出来ます。それに、チャートタイプもラインかキャンドルチャートに変更できます。


USDCAD通貨ペアについて

usdcadusdcad

タイプ:外為

グループ:メジャー通貨ペア

USDCAD | メジャー通貨ペア 通貨ペア

米ドル(USD) – 世界経済の「基軸通貨」として、為替市場に大きな影響力を持つ。

  • 米ドルは、国際的な取引や決済で広く利用される「世界の基軸通貨」。為替市場でも米ドルに関係した取引が大半を占め、圧倒的な流通量を誇ります。このため米ドルに関する問題は世界経済に与えるインパクトが大きく、アメリカの政策金利や経済指標、さらに外交ニュースや主要企業の業績までも、為替市場を動かす要因となります。とくに大統領や財務長官の為替に関する発言、そしてFRB議長の動向には、つねに世界中の注目が集まります。
  • かつては「有事のドル買い」と言われるほど、変動リスクに強い通貨とされ、戦争や紛争勃発時にはドル高になることが多くありました。しかし最近ではそうした“定説”も変化。アメリカの慢性的な財政赤字や貿易赤字の拡大、さらにはサブプライムローン問題などが懸念され米ドルへの信任が低下し、むしろ「有事のドル売り」という現象さえも起きはじめています。このようにアメリカの経済状態が、その値動きへ反映される傾向にあります。
  • アメリカの経済状態と政策金利の方向性が、ドル高/ドル安というトレンドを形成すると言われています。このためアメリカ経済の「今」を判断する指標として、4半期ごとに発表される「GDP」、毎月発表される「雇用統計」、さらに政策金利を決める連邦公開市場委員会(FOMC)は、その内容が大きな注目を集め、為替市場が動く要因となります。しかし、その値動きが投機筋の短期的なものか、中長期的なトレンドとなるのか、しっかり見極めることも大切です。

カナダドル(CAD) –世界取引量第7位にある国際通貨。

  • 米国経済の影響を受けやすい。
  • カナダの経済が商品(エネルギー、木材、原油など)の輸出の依存度が高いので、カナダドルは資源国通過として見られる。

信頼性の高い海外FX会社とFX取引


他の通貨ペアをご覧下さい
メジャー通貨ペア
0.029%
メジャー通貨ペア
0.044%
メジャー通貨ペア
0.072%
メジャー通貨ペア
0.226%
メジャー通貨ペア
0.568%
エキゾチック通貨ペア
0.676%
メジャー通貨ペア
0.22%
エキゾチック通貨ペア
0.428%
メジャー通貨ペア
0.165%
エキゾチック通貨ペア
0.951%
電話