IFC Markets Forex Broker

合併商品の取引法

PQM法の合併商品パッケージを利用するに当たって、新商品の作成とそのテクニカル・ファンダメンタル分析が可能になります。加えて、自作の合併商品に対する売買取引も可能です。合併商品の売買マニュアルは、下記リンクよりご覧下さい。

  1. 合併商品詳細のウインドウを開始して下さい。「取引(Trade)」タブの「取扱商品情報(Instrument Browser)」をお選び下さい。

    合併商品の作り方はこちらです。
  2. 「取引」の画面に合併商品の取引量10を指摘しましょう。

  3. 画面の下の右にボタンを押して、合併商品の取引の各ポジションが確認可能です。「&Nd100/PS500」を買うため、買いをクリックしましょう。

  4. 「オープンポジション」画面は、合併商品のポジションが表示した。「+」をクリックすれば、合併商品の各資産のポジションが確認可能です。

  5. Nd100の10ロットを買い、SP500の同量(20.17ロット)売りポジションが開設されます。

  6. 「&Nd100/PS500」ポジションを開設してみましょう。合併商品の作り方はこちらです。

  7. 「取引」の画面に合併商品の取引量10を指摘し、「買い」を選びましょう。

    「オープンポジション」画面は、合併商品のポジションが表示した。「+」をクリックすれば、合併商品の各資産のポジションが確認可能です。

  8. 合併商品取引の得意:

    • 取引の時、各資産の指摘した数量は合併商品の取引量とともに変更。例えば、上記の合併商品は#C-CORNが51.557で、合併商品の1.6を買う時に#C-CORNの数量は51.557 * 1.6 = 82.49となる。
    • クォートパートの資産の割合は変更しない。例えば、上記の合併商品はクォートパートが金・銀2000/40 = 50で、決済の時は3269.91/65.40 = 50同じだ。
    • 合併商品の各資産の売買操作はお客様のターミナルに保存され、当サーバーに保存されない。
    • 合併商品の取引は両建てモードで行われている。
    • 合併商品の各ポジションは決済でき、その際商品は破壊する。他のポジションはそのままだ。
  9. 合併商品のスプレッド

    合併商品の売値(Bid)と買値(Ask)、そしてそろぞれの差額であるスプレッドは合併商品の資産のウエートを考慮して当時のビッドとアスクによる計算されています。合併商品の一つの相場が変更すれば、取引ツールは売りと買いを計算します。この結果、当時のビッドとアスクはクォート表に反映され、スプレッドが現れます。

    例:合併商品は“&grain/precious_mt”買値が1.0989、売値が1.1035。

    クォートの画面にビッドが1.0989、アスクが1.1035。スプレッドは1.1035 -1.0989 = 0.0046となります。

    合併商品は5つの数字で指摘されます。コンマ以下の数字の数は固定されるのが合併商品の作成あるいは変更と同時です。相場の変更は時間によりますから、スプレッドは標準のレベルを上下回ることができます。

  10. 合併商品のオープンポジションのスワップはそれぞれの各スワップの総額となります。

    合併商品のオープンポジションの差額はそれぞれの各差額の総額となります。

    合併商品の取り扱いはその各商品の取引時間に限られています。