ダウ理論の第四基本信条:投資家にサービスを提供

デイトレードに重要のは価格チャートの古典的な分析です。数ヶ月と数年のタイムフレイムを使うとレーダーも自分の考えや適切なリスクヘッジをテストするための基本的な傾向分析を使用しています。低迷株式市場の特徴は、その部分の効率は、20世紀の80年代に発見されました。株式市場の反射性の彼の理論(「金融の錬金術」):基本的な要因は、ジョージ・ソロスに属して弱体化されている移動方向を維持するために、市場の能力についての説明の一つ。その基本的な考え方は、市場参加者の行動は、価格の変動やトレンドの保持につながる心理的惰性の期待に影響されることを主張します。

下記のグラフ(図1参照)は、ドイツの株価指数のDAX週間燭台を示しています。インデックスは、ドイツの異なる経済部門に関わる30社の株価が含まれています。株式重み付けは、各企業の時価総額に基づいて定義されています。それはユーロ圏のGDPの20%を含み、としてドイツのGDPは欧州連合(EU)加盟国の中で特に重要であるとしてDAXはEUの経済成長ドライバーとして特徴付けられています。 EUの資金に由来する他のメンバーに付与された救済や投資ファンドは、主に国の経済状況に依存します。


図1. ドイツの株価指数 DAX (GE30). オープニング/終値

株価指数に賭けEU経済が回復している魅力的な投資です。例えば、2011年9月26日のインデックス買いポジションが少なく、18%以上の位置の最大ドローダウンで、現在の日(2014年11月10)により、年間リターンの30%を持っています。ファンドの動きは、上記のチャート上の上昇トレンドチャネルとしてマークされている長期的な4年間の傾向によって決定されます。トレンドラインは、ローソク足本体の下側の境界に基づいて描かれています。どのようにリスクをヘッジすることができる投資家に来ます?
最も簡単な方法の一つは、(チャート上の赤い楕円で表示)トレンドラインのブレイクアウト、すなわちトレンド完了の第1の信号をキャッチすることです。週足は上昇トレンドチャネル境界の下に閉じたものとして例えば、我々はすぐにポジションを閉じている可能性があります。すべてのテクニカル分析信号が統計的に体重が増加するので、我々はfalseにブレイクアウトを認めます。これは、いくつかの時間後に市場価格がバック変動を拡張価格路内の来ることを意味します。

トレンドが終了する前に早期解除の決定の例を削減するには?我々は確かに手数料が収入のパーセントの数十によって推定される場合は特に、新たな市場参入のためにブローカーに任意の追加料金を支払う必要はありません。このような場合、一般的な方法は、信号が正しいか否かを決定するであろう追加の指標を使用することです。これらのフィルタは、このような発振器の買われ過ぎ/売られ過ぎの水準として、主観状況評価に基づいて更新する必要が入力パラメータの数を持っています。広く知られているように、市場は、独自のパラメータを認識しないと予期しない変更されます。したがって、このアプローチはいくつかの困難を有しています。他の方法は、基本的な市場原理を誘致する能力を意味します。 1980年代後半にチャールズ・ダウはテクニカル分析の6教義を開発しました。第四の信条は、市場指数が相互に確認しなければならないと述べています。これは、ダウ・ジョーンズ運輸平均(DJTA)はダウ・ジョーンズ工業株平均(DJIA)することなく、考慮に入れることができないことを意味します。この場合、DJIA市場マクロ指標です。私たちは、検討中の投資の位置については、この原理にさらに拡大します。

トレンドが終了する前に早期解除の決定の例を削減するにはどうすれば良いでしょう?我々は確かに手数料が収入のパーセントの数十によって推定される場合は特に、新たな市場参入のためにブローカーに任意の追加料金を支払う必要はありません。このような場合、一般的な方法は、信号が正しいか否かを決定するであろう追加の指標を使用することです。これらのフィルタは、このような発振器の買われ過ぎ/売られ過ぎの水準として、主観状況評価に基づいて更新する必要が入力パラメータの数を持っています。広く知られているように、市場は、独自のパラメータを認識しないと予期しない変更されます。したがって、このアプローチはいくつかの困難を有しています。他の方法は、基本的な市場原理を誘致する能力を意味します。 1980年代後半にチャールズ・ダウはテクニカル分析の6教義を開発しました。第四の信条は、市場指数が相互に確認しなければならないと述べています。これは、ダウ・ジョーンズ運輸平均(DJTA)はダウ・ジョーンズ工業株平均(DJIA)することなく、考慮に入れることができないことを意味します。この場合、DJIA市場マクロ指標です。私たちは、検討中の投資の位置については、この原理にさらに拡大します。

マクロ指標の形成のために我々は ユーロ圏の株価指数をご利用します。インデックスは、PCIモデルとGeWorko法に基づいています。商品のべスパートにはDE 30インデックス(DAXと同様のもの)、GB 100インデックス(100 FTSEと同様)、FR 40インデックス(CAC40に類似)3つのCFD取引が含まれております。ポートフォリオはユーロでクォトされています。インデックスは先物に基づいたで連続CFD取引として表現されています。


図1. &Indices_EUコンポジット株価指数 - オープニング/終値

それでは、別のケーススタディを考えてみましょう。トレンド以下の戦略のオプションとして使用されている価格チャネルの制限内で取引。支持と抵抗のレベルは、ビル・ウィリアムズのフラクタル(図3参照)に基づいています。価格チャネルは、3つのゾーンに分かれています、購入、売却またはゾーン」市場からとどまります」。下向き下BUYゾーンの境界線を横切るときに、注文がトリガされ、ストップロスは9081.50に配置されます。


図3. ドイツのDAX指数(GE30)。横トレンド取引。

相場がSELLゾーンに入り次第決済します。図4で表示されているようにマクロインデックスサポートレベルをブレイクしてないので、ポジションを持ち続けます。


図4 総合株価指数&Indices_EU。チャネルブレイクアウト。

このモデルはもちろんリスクを下げること可能としませんが、赤字のポジションを減少し、全体の利益を増やすことを可能とします。

PCIモデルに基づいたヘッジング方法も学びましょう:

Important Notice

IFC Markets is not a JFSA regulated entity and is thus not engaging in any action(s) which may be deemed to constitute a solicitation of financial services.This translated page is not intended for Japanese residents.


IFC MarketsはJFSAの監督下にはなく、金融サービスへの勧誘と見なされる行為は行っていません。この翻訳されたページは日本居住者向けではありません。