よいと悪い資産の検索

世界金融危機は、サブプライムローン問題(サブプライム住宅ローン危機)をきっかけとした2007年のアメリカの住宅バブル崩壊に端を発した国際的な金融危機のことである。これを発端とした経済不況の世界的連鎖は世界同時不況とも呼ばれる。2008年9月29日にアメリカ合衆国下院が緊急経済安定化法案を一旦否決したのを機に、ニューヨーク証券取引市場のダウ平均株価は史上最大の777ドルの暴落を記録した。金融危機はヨーロッパを中心に各国に連鎖的に広がり、さらに10月6日から10日まではまさに暗黒の一週間とも呼べる株価の暴落が発生し、世界規模の恐慌への発展が危惧されている。

この記事は、株の長期的な価格変更に基ずいて取引攻略を反映されるポートフォリオの作成についての記事となる。流動性の高い22の株が選ばれた。リスク分散理論に基ずいて、証券は"よい"と"悪い"ポートフォリオに分けられた。

"よい"ポートフォリオは買いの株があり、"悪い"ポートフォリオは売りの株があります。分析は最後4年間の毎月のクローズ値に基ずいている。

#チッカー会社セクター
1AAAlcoaIncBasicMaterials
2AXPAmericanExpressCompanyFinancials
3BABoeingCompanyIndustrials
4DDDupontCompanyBasicMaterials
5DISWaltDisneyCompanyCyclicalConsumerGoods&Services
6GEGeneralElectricCorporationIndustrials
7HDHomeDepotIncCyclicalConsumerGoods&Services
8HONHoneywellInternationalIncIndustrials
9HPQHewlett-PackardCompanyTechnology
10IBMInternationalBusinessMachineCorpTechnology
11INTCIntelCorporationTechnology
12JNJJohnson&JohnsonHealthcare
13JPMJP MorganChase&CompanyFinancials
14KOCoca-ColaCompanyConsumerNon-Cyclicals
15MCDMcDonaldsCorporationCyclicalConsumerGoods&Services
16MRKMerckCoIncHealthcare
17MSFTMicrosoftCorporationTechnology
18PFEPfizerIncHealthcare
19TAT&TTelecommunication
20VZVerizonCommunicationsIncTelecommunication
21WMTWal-MartStoresIncCyclicalConsumerGoods&Services
22XOMExxonMobilCorporationEnergy

毎月のデータに基ずいて、平均リターン、リターンの標準偏差、シャープレシオの簡易版が計算されました。

資産平均リターンリターンの標準偏差資産<平均リターン>リターンの標準偏差
AA0.31%10.60%JNJ1.01% 3.76%
AXP3.32%10.96%JPM1.27% 9.05%
BA1.99%6.96%KO1.31% 4.16%
DD1.81%7.90%MCD1.22% 3.68%
DIS2.58%6.54%MRK1.11% 5.28%
GE1.64%8.48%MSFT1.20% 6.67%
HD2.33%6.41%PFE1.54% 4.85%
HON2.05%6.40%T0.78% 4.16%
HPQ-0.80%10.36%VZ1.27% 4.83%
IBM1.49%4.27%WMT0.83% 4.17%
INTC0.92%6.59%XOM0.58% 4.65%

そのうえで、各資産のシャープレシオの簡易版が計算可能となります。シャープレシオはリスク単位当たりのリターンを表示されます。レシオは以下の画像に表示されます。

次は、各資産の重み係数の計算が行われております。22株の平均標準偏差は6.40%となります。

重み最適化方法とは、2つのコンストレイント:ポートフォリオの最大標準偏差は6.40%であり、重みの最終的な合計は100%となります。

資産重み資産重み
AA-70.27%JNJ21.59%
AXP8.97%JPM-31.82%
BA-4.39%KO29.55%
DD-22.00%MCD-15.80%
DIS88.08%MRK-5.98%
GE-41.55%MSFT51.73%
HD37.01%PFE39.28%
HON145.66%T-96.14%
HPQ-43.92%VZ81.77%
IBM152.36%WMT-56.03%
INTC-39.34%XOM-128.76%

資産の売りも可能なので、正負の重量が使えます。正の重量は"良い"ポートフォリオとなり、負の重量は"悪い"ポートフォリオとなります。

"良い"ポートフォリオ"悪い"ポートフォリオ
資産重量資産重量
AXP8.97%AA-70.27%
DIS88.08%BA-4.39%
HD37.01%DD-22.00%
HON145.66%GE-41.55%
IBM152.36%HPQ-43.92%
JNJ21.59%INTC-39.34%
KO29.55%JPM-31.82%
MSFT51.73%MCD-15.80%
PFE39.28%MRK-5.98%
VZ81.77%T-96.14%
WMT-56.03%
XOM-128.76%

"悪い"資産は"良い"資産のより多くであり、しかし、"悪い"資産の重要性が低くなくなります。

NetTradeX取引・分析ツールは"悪い"と"良い"ポートフォリオが分かれて表示可能となります。"悪い"ポートフォリオからの10の資産の価格は米ドルに表示され、チャートは下にある。

ポートフォリオは成長回顧構造を持っています。世界金融危機の後、2009年1月から"良い"ポートフォリオの価値は2.5回に上げた。2012年3月にポートフォリオの価値は52,300ぐらいだとご注意下さい。

12株のある"悪い"ポートフォリオのチャートは下にある。

"悪い"ポートフォリオのリターンは"良い"ポートフォリオと比べって低くで、2012年3月にポートフォリオの価値も52,300ぐらいとなります。

その結果は、"悪い"と"良い"ポートフォリオの組み合わせとなります。NetTradeX取引・分析ツールは、"良い"資産はお作りの商品のベースパートとなり、"悪い"資産は見積もりパートとなります。つまり、PQM法は"良い"資産の買い・"悪い"資産の売りの法であります。

お作りの組み合わせポートフォリオは2008年の危機を避け、その後、継続的に上昇している。

お作りの組み合わせポートフォリオの定量的な指数は下にあります。

リターン7.52%
標準偏差6.40%
シャープ1.18

売りのポジションを受け、ポートフォリオのリターンが高くなると明らかになります(最大平均リターンは3.32%)。標準偏差は6.40%となります。