テクニカル分析 #C-LCATTLE | Lower beef production forecast bullish for live cattle price | IFCM ジャパン

ニカル分析 #C-LCATTLE : 2020-05-21

お勧め: 家畜 :

買い
強い売り売り横ばい買い強い買い

Above 100.42

Buy Stop

Below 93.66

Stop Loss

Expert Avatar
シニア分析エキスパート
説明書 1554
インジケーター水準シグナル
RSI 横ばい
MACD 横ばい
Donchian Channel 買い
MA(200) 売り
Fractals 横ばい
Parabolic SAR 買い

チャート分析

IFC Markets Tech Analysis

On the daily timeframe #C-LCATTLE: D1 is rising toward the 200-day moving average MA(200), which is falling. We believe the bullish momentum will continue after the price breaches above the upper Donchian boundary at 100.42. This level can be used as an entry point for placing a pending order to buy. The stop loss can be placed below 93.66. After placing the pending order the stop loss is to be moved every day to the next fractal low, following Parabolic signals. Thus, we are changing the expected profit/loss ratio to the breakeven point. If the price meets the stop-loss level (100.42) without reaching the order (93.66) we recommend cancelling the order: the market sustains internal changes which were not taken into account.

市場概観

WASDE forecast a lower US beef production for 2020. Will the LCATTLE continue rising?

The US Department of Agriculture World Agricultural Supply and Demand Estimate forecast for 2020 lower US total red meat and poultry production from last month as the sector adjusts to COVID-19 and economic uncertainty. Beef production is reduced as lower expected cattle slaughter more than offsets heavier carcass weights. Lower production is bullish for the live cattle price.

アイエフシーとともに取引を開始

18ヶ国語における24/5丁寧なサポート

【重要な注意事項】:本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。