fbFX スワップ | スワップレート | FX ロールオーバー | IFCM ジャパン
JA

スワップレート - FX スワップ

スワップレート

受渡日を新たな日に移動させる取引は、事前の日時の取引を現行の日時に変更することを目的としています。それは同額同量の売買を同時に行う取引ですが、直 物取引と先物取引を組み合わせて行うことです。この場合弊社は取引の方向と基礎通貨に応じて支払いもしくは保証を行います。この支払いは顧客の口座では、 通貨の金利に応じて応じてプラスもしくはマイナスの額として表されます。
FX取引に興味をお持ちでしょうか?IFC Marketsとともに取引を開始
Autochartist Autochartist
取引シグナルと市場分析
最高のテクニカル分析ツールをでご利用!

詳細はこちら
FREE

スワップレートの計算

スワップポイントは、インターバンク内の取引にかかる受渡日が考慮されて付与する日数分が決定します。お客様が実際にポジションをお持ちの日数とは異なります。

スワップポイントとは、通貨間の金利差調整分のことです。一般的に、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば、2通貨間の金利差からその差額を受け取ることができます。

ただし、2通貨間の金利差が縮小するとスワップポイントの額は少なくなり、また、金利差が逆転するとスワップポイントの受取りと支払いの関係が逆転します。

また、稀に一方の通貨において、価格が不安定な状況となった場合に、金利差を反映しない場合がありますので、ご注意ください。

スワップの取引量は毎日午前零時からサーバー時間で決済された通貨レートで行われます。その為日によってその金額が変わる可能性があります。

水曜日から木曜日にかけてスワップ・ポイントは三倍になります。金曜日から月曜日にかけては通常通りです。

世界中の市場へアクセス
取引の基本は正しい予想です。取引を体験。
world map

何を考慮すべきか

会社が提供するスワップ条件は劇的に異なる場合があります。同じ取引手段でのポジションロールオーバーのコストは、まったく異なる場合があります。 問題は、スワップ計算において、企業が銀行間市場の現在のレートからどれだけ離れているかということです。

スワップポイントは、インターバンク内の取引にかかる受渡日が考慮されて付与する日数分が決定します。お客様が実際にポジションをお持ちの日数とは異なります。

スワップポイントとは、通貨間の金利差調整分のことです。一般的に、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば、2通貨間の金利差からその差額を受け取ることができます。

また、稀に一方の通貨において、価格が不安定な状況となった場合に、金利差を反映しない場合がありますので、ご注意ください。

スワップレートが重要になる場合

スワップの取引量は毎日午前零時からサーバー時間で決済された通貨レートで行われます。その為日によってその金額が変わる可能性があります。

水曜日から木曜日にかけてスワップ・ポイントは三倍になります。金曜日から月曜日にかけては通常通りです。

預金率 ローン金利

2通貨間の金利差が縮小するとスワップポイントの額は少なくなり、また、金利差が逆転するとスワップポイントの受取りと支払いの関係が逆転します。

豪ドル・米ドルのスワップ値の計算方法はこちらです。

これは役に立ちましたか?
Likeいいえ
新しい戦略を体験
デモ口座を開設して、無料日本語サポートへアクセス。
Visit Educational Center CFD取引をもっと深く知るためには、それと様々な例をみるためにはCFDの取引する方法をみてください。 投資を学ぶ
CFD取引ぷレットフォームNetTradeXダウンロードし、CFDを取引できます。 ダウンロード
今すぐ取引を開始
シングル・アカウントから世界中の市場へアクセス