fbUSD/CAD テクニカル分析 | USD/CAD 取引:2014-12-03 | IFCM ジャパン
JA

USD/CAD テクニカル分析 - USD/CAD 取引:2014-12-03

カナダのGDPの推移

本日は、給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが給与名簿に基づく雇用統計を発表するほか、供給管理協会(ISM)が11月の非製造業景況指数を発表する。その後、カナダでは同国の国内総生産が発表。

米ドル・カナダドル相場を分析してみましょう。相場は週足チャートでも、日足チャートでも上げチャネルに推移し、米ドル高・カナダドル安が進む。Parabolic指数はレベル73.2061%を上回り、相場が抵抗線1.14735を破壊すれば、買いの方がいいだ。損きり注文は1.11785に出せばいいだ。

technical-analysis-charts-usd-cad

下記のチャートは、シカゴ・マーカンタイル取引所の先物やオプションなどの金先物の取引量だ。取引量は375000を上回るのは、上げ相場を確認。米ドル・カナダドルの取引量はこのリンクよりご覧いただけます。

ポジション開設の後、ストップ注文は各4時間ごとにParabolic指数とともに新しい高値へ移動すればいいだ。

相場動向上げ
Buy stop1.14735
Stop loss1.11785

当トレーディングデスクの取引履歴はこのリンクより確認できます。よろしくご参照下さい。

オートチャーティストより80%確率の取引シグナル

  • 使いやすい
  • 全自動
  • 幅広い分析

圧倒的な取引環境

24時間対応している丁寧なサポート

【重要な注意事項】:
本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。