取引スタイルに基づいた戦略

FX取引戦略は取引スタイルにより作成しないといけないです。人気のある取引スタイルはデイトレ、キャリートレード、Buy and hold戦略、ヘッジング、スプレッド取引、スウィング取引などがあります。これらの取引スタイルによって戦略の作成も異なってきます。

取引戦略の作成と利用はトレーダーの強みと弱みを考えた上でするものです。

  • デイトレーディング戦略

    デイトレーディング戦略にはデイリピボット、フェージング、スキャルピングなどの戦略があります。

  • キャリートレード

    このキャリートレードは、主にヘッジファンドと呼ばれる金融資産の売買にて企業利益を出す事を目標とした会社が得意としている売買手法になります。

  • ヘッジング

    ヘッジングは、投資のリスクを減少させるために取られる行動のことを言います。これは、将来の価格変動リスクを回避したり、軽減したりする各種手法のことを意味し、その種類には様々なものがあります。また、本用語は、垣根を作って危険から身を守ることに由来します。

  • ポートフォリオとは | ポートフォリオ取引

    ポートフォリオという言葉が、資産運用について調べているとよく出てくるかと思います。あまり普段は使用しない言葉なので、意味がわからない人も多いでしょう。あるいは、株取引をしている人にも、あまり馴染みがない言葉かもしれません。実際、一般的な株式投資においてというよりは、投資信託でよく使われる言葉なので、無理もない話です。

  • バイ・アンド・ホールド

    現物株への投資では王道と言ってもよい手法です。企業の成長とともに株価は上昇し、分割や配当といった恩恵もあり、長い目で見れば銀行預金よりもはるかに有利というわけです。しかし、バイ&ホールドが成功するかどうかは、時代背景にもよります。例えば戦後の成長期にトヨタやソニーに投資して持ち続けていれば、大変なリターンを手に入れることができたでしょう。しかし、バブルの絶頂期に投資していれば、逆のことが起こったことになります。結局のところ、バイ&ホールドが成功するかどうかは、現状と将来をどれだけ正確に分析できるかということにかかっています。そして長期であるだけに「運」も重要な要素です。

  • スプレッド取引とは

    一般にスプレッド取引は、ヘッジファンドやディーラーなどが多用する投資手法の一つであり、その主な特徴は、買いと売りの両建て取引、2銘柄のスプレッドの拡大・縮小を予想する取引、市場全体の上げ下げの影響を受けにくい取引であり、その発想次第では多様な投資戦略を考えることができる。

  • スイングトレードとは

    スイングトレードとは、数日間で売買を済ませてしまう短期売買のトレード方法です。

Important Notice

IFC Markets is not a JFSA regulated entity and is thus not engaging in any action(s) which may be deemed to constitute a solicitation of financial services.This translated page is not intended for Japanese residents.


IFC MarketsはJFSAの監督下にはなく、金融サービスへの勧誘と見なされる行為は行っていません。この翻訳されたページは日本居住者向けではありません。