テクニカル分析の心理


テクニカル分析(Technical analysis)とは、主に株式・商品取引・為替等の取引市場で、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。 テクニカル分析には具体的な技法としていくつかの種類が存在するが、その考え方を大別すると次の2つに分けられる。

  1. 取引価格の上昇トレンドと下落トレンドの転換を見出す方法。
  2. 取引価格に対する値頃感、変動値幅を算出する方法。
  3. 価格の変更と人物心理の間に関係がある。

テクニカル分析が信奉される前提として、将来の取引価格が過去の価格や出来高等の取引実績により決定あるいは影響されるという非マルコフ過程的な動きをすることが確からしい命題であることが要請される。

多くの投資家がこの分析理論を有益であると考え売買に用いているが、多くの経済学者、金融工学者はこれを根拠が無く、科学的理論とはいえないと批判している。

相場は上下変動します。金融情報レポートを見たり読んだりすると、株が上がったり下がったりしたことが話題になっていることがあると思います。もちろん株そのものが上下するわけではなく、上下に動くのは株の価格です。株価は毎日変動します。証券CFDトレーダーとしてやるべきことは、将来の株価動向の見極め方を学ぶことです。株式や証券CFDのトレーダーは株価チャートを使用して、過去の株価動向を把握します。それにより、将来の株価動向がより正確に予測できるようになるからです。この、将来の株価動向を見極めるために過去の値動きを分析するプロセスをテクニカル分析といいます。
テクニカル分析、もしくはチャート分析は、ファンダメンタルズ分析を行った後に、投資家が取る自然なステップです。ファンダメンタルズ分析によって、特定の株や証券CFDを買うべきか売るべきかを判断し、テクニカル分析で、その株や証券CFDを売買するタイミングが判断できます。ほとんどのトレーダーが、テクニカル分析は習得に時間と練習を要する技能のようなものだと考えています。
以下のテクニカル分析の基本的概念を学んで、優れたテクニカルアナリストへの第一歩を今踏み出しましょう。

テクニカル分析とは、主に株式・商品取引・為替等の取引市場で、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。 将来の取引価格の予想を需給、収益性評価およびそれらの背景となる経済情勢分析に基づいて行う手法であるファンダメンタル分析と相対する概念であるダウ理論とは、チャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価するための理論である。

チャートのパターンチャートのパターンはテクニカル分析の種類であります。チャートのパターンを使い、トレンド反転を予想することが可能にないます。チャートのパターンに基づいて、取引の戦略を作ることが可能になります。

テクニカルインジケーターとは、テクニカル分析の基本であり、ファンダメンタルズ分析を行った後に、投資家が取る自然なステップです。ファンダメンタルズ分析によって、特定 の株や証券CFDを買うべきか売るべきかを判断し、テクニカル分析で、その株や証券CFDを売買するタイミングが判断できます。ほとんどのトレーダーが、 テクニカル分析は習得に時間と練習を要する技能のようなものだと考えています。

取引
を練習して下さい
デモ口座を開設
電話