テクニカル分析の心理


テクニカル分析(Technical analysis)とは、主に株式・商品取引・為替等の取引市場で、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。 テクニカル分析には具体的な技法としていくつかの種類が存在するが、その考え方を大別すると次の2つに分けられる。

  1. 取引価格の上昇トレンドと下落トレンドの転換を見出す方法。
  2. 取引価格に対する値頃感、変動値幅を算出する方法。
  3. 価格の変更と人物心理の間に関係がある。

テクニカル分析が信奉される前提として、将来の取引価格が過去の価格や出来高等の取引実績により決定あるいは影響されるという非マルコフ過程的な動きをすることが確からしい命題であることが要請される。

多くの投資家がこの分析理論を有益であると考え売買に用いているが、多くの経済学者、金融工学者はこれを根拠が無く、科学的理論とはいえないと批判している。

テクニカルとファンダメンタル分析

企業のファンダメンタル分析とは、財務諸表、健全性、経営、競争優位性、競合相手、市場などを分析することである。先物や為替に適用する場合は、経済、金利、製品、賃金、企業経営の全般的な状況に着目する。この用語は、他の種類の定量的な分析やテクニカル分析などの投資分析と区別するために使用されている。ファンダメンタル分析は過去と現在のデータを用いて行われるが、その目標は業績予想である。

外為相場の分析と取引タイミング

外為取引は分析とタイミングからなっている。大きなレバレッジの下で取引タイミングの意味が最も重要です。分析と違って、タイミングは買いと売りのポイントを決められます。

テクニカル分析

テクニカル分析は数多くあり、いずれも曖昧で用いられ方が作為的であるという批判もある。例えば移動平均線を用いた分析では、平均日数を何日に設定するかで予測は大きく変わる。過去の株価の変動にうまく適合するように平均日数を意図的に変えれば、「予測はすべて当たった」と主張できることになる。市場予測の根拠を過去の株価の変動にではなく、現実の要因(株価収益率など)に求める。

経済予測

経済予測は株、通貨の価格の見通しです。

上に戻る

電話