テクニカル分析の基本


相場は上下変動します。金融情報レポートを見たり読んだりすると、株が上がったり下がったりしたことが話題になっていることがあると思います。もちろん株そのものが上下するわけではなく、上下に動くのは株の価格です。株価は毎日変動します。証券CFDトレーダーとしてやるべきことは、将来の株価動向の見極め方を学ぶことです。株式や証券CFDのトレーダーは株価チャートを使用して、過去の株価動向を把握します。それにより、将来の株価動向がより正確に予測できるようになるからです。この、将来の株価動向を見極めるために過去の値動きを分析するプロセスをテクニカル分析といいます。
テクニカル分析、もしくはチャート分析は、ファンダメンタルズ分析を行った後に、投資家が取る自然なステップです。ファンダメンタルズ分析によって、特定の株や証券CFDを買うべきか売るべきかを判断し、テクニカル分析で、その株や証券CFDを売買するタイミングが判断できます。ほとんどのトレーダーが、テクニカル分析は習得に時間と練習を要する技能のようなものだと考えています。
以下のテクニカル分析の基本的概念を学んで、優れたテクニカルアナリストへの第一歩を今踏み出しましょう。

フィボナッチレベルは反転及びトレンド継続のレベルを計算するためのテクニカル分析の重要かつ効果的な手段です。それらを計算すると、トレーダーは、強力な支持と抵抗のレベルだけでなく、可能なターゲットとトレンド継続の補正を識別することができます。

テクニカル分析の基本とも言われるトレンド。世界中のすべての投資家が利用しているといっても過言ではないほど有名なテクニカル分析です。

サポート(支持線)やレジスタンス(抵抗線)を意識することは、為替取引を行う上で重要だ。簡単に言うと相場が下落する時に抵抗となるポイントがサポートであり、相場が上昇する時の抵抗となるポイントがレジスタンスである。

レンジ取引とは、予想される当面の上限(高値)と下限(安値)のあいだで推移する相場のことをレンジ相場といい、ある通貨が一方的に値を下げ続けたり、上げ続けたりする相場と対比され、ボックス相場ともいわれています。

電話