FXテクニカル 指標

テクニカルインジケーターとは、テクニカル分析の基本であり、ファンダメンタルズ分析を行った後に、投資家が取る自然なステップです。ファンダメンタルズ分析によって、特定 の株や証券CFDを買うべきか売るべきかを判断し、テクニカル分析で、その株や証券CFDを売買するタイミングが判断できます。ほとんどのトレーダーが、 テクニカル分析は習得に時間と練習を要する技能のようなものだと考えています。

  • ビル・ウィリアムズのインジケーター

    多くのテクニカル指標の中でビル・ウィリアムズという項目が単独で存在し、その中に6つのテクニカル指標があります。ビル・ウィリアムズの指標群だけ特別扱いされているように感じます。

  • オシレータ

    オシレーター系指標は、その名が示すとおり、株式や証券CFDの価格の上昇・下降に伴い上下する指標です。オシレーター系指標は、現在のトレンドの強さ、そしてそのトレンドがいつ勢いを失って反転する危険があるのかを判断する上で有効です。
    例えば、ある証券CFDのオシレーター系指標があまりに急激に上昇している場合、その証券CFDは買われ過ぎ(すなわち、あまりに多くの人がすでに買ってしまい、これ以上価格を押し上げる程十分な勢力が市場に残っていない)と考えられます。これは、その証券CFDが勢いを失って反転し、下降するか横ばいの危険にあることを示唆するものです。また、ある証券CFDのオシレーター系指標があまりに急激に下降している時には、売られ過ぎ(すなわち、あまりに多くの人が売ってしまい、価格を押し下げるのに十分な勢力が市場に残っていない)の状態にあると考えられます。これは、その証券CFDが下落の勢いを失って反転し、上昇するか横ばいの危険にあることを示唆するものです。
    では、以下のいくつかのオシレーター系指標について見てみましょう。

  • トレンドインジケーター

    トレンド系指標は、その名が示すとおり、株式や証券CFDのトレンドを示すものです。証券CFDのトレーダーは、値動きが一定のトレンドにある時に資金を最大限活用します。したがって、トレンドの方向と、その調整局面を見極められることが極めて重要です。トレンド開始直後にポジションを持ち(エントリー)、トレンド終了直後にトレードを終了(エグジット)することができれば、かなりの成功を収めることができるでしょう。 では、以下のいくつかのトレンド系指標について見てみましょう。

  • ボリュームインジケーター

    出来高指標は、指標の算出において値動きだけに依存するのではなく、まったく異なる情報、すなわち出来高(トレード参加者の多さ)を算式に組み込んだものであるため、テクニカル指標の多様性を大いに高めるものです。
    値動きは相場の方向性を示唆しますが、出来高はその値動きの背景を示すものです。 例えば、出来高が高い中で価格が上昇している場合は、その後さらに上昇するはずと考えている投資家がたくさんいるということになります。トレーダーにとって楽観的な材料となるものであり、その証券CFDの買いに必要な信認を与えるものです。一方、出来高が低い中で証券CFDの価格が上昇している場合は、その後さらに上昇するはずと考えている投資家が少数しかいないということになります。これはトレーダーにとって悲観的な材料となるものであり、その証券CFDの購入を思いとどまったり、買う前に再考することになります。では、以下のいくつかの出来高指標について見てみましょう。

投資を学ぶ

IFCM教育センター

初心者の方へ

外為の書籍

Forex & CFDチュートリアルの教室

Forex & CFDビデオチュートリアル

ビデオチュートリアル

トレード用語辞典

Forex & CFD取引用語辞典

Important Notice

IFC Markets is not a JFSA regulated entity and is thus not engaging in any action(s) which may be deemed to constitute a solicitation of financial services.This translated page is not intended for Japanese residents.


IFC MarketsはJFSAの監督下にはなく、金融サービスへの勧誘と見なされる行為は行っていません。この翻訳されたページは日本居住者向けではありません。