fb相対的な活力指数 (RVI) | IFCM ジャパン
JA

相対的な活力指数 (Relative Vigor Index – RVI) をご紹介

レラティブ・ボラティリティー(RVI)はRSIを応用した指標で、「相場のボラティリティーが拡大傾向にあるか」「縮小傾向にあるか」を見る指標です。
新しい戦略を体験
デモ口座を開設して、無料日本語サポートへアクセス。

相対的な活力指数 (RVI) はどう利用すればいいですか?

利用方法

基礎となっているデータが異なりますので「確認用インジケーター」として用いることができます。

  • RVIの数値が50以上になる ⇒ 相場のボラティリティーが拡大している。
  • RVIの数値が50以下になる ⇒ 相場のボラティリティーが縮小している。

またRVIは、「他のモメンタム系オシレーターの確認」のために用いられることが多くあります。RSI・ストキャスティクス・モメンタム等オシレーターは、全て価格から算出されているために同じシグナルをどうしても出しやすい傾向があるのです。

  • 相対的な活力指数はシグナルラインを上から横切るのは売りを表示する。
  • 相対的な活力指数はシグナルラインを下から横切るのは買いを表示する。
Relative Vigor Index - RVI Indicator

計算方法

相対的な活力指数 (1) = (クロス - オープン) / (ハイ - ロー)
相対的な活力指数 (10) = 10-SMA相対的な活力指数(1)

FAQ

インジケーターとは

FXインジケーターとは、チャート上やチャート下部に表示しているサポートツールであります。 インジケーターの活用は、そのチャートが示す意味を分かりやすくする効果があります。 多くの指標を組み合わせて分析することで、チャートをより正確に把握することができるようになります。

最高のインジケーターは何ですか?

今後の値動きを予想するために、過去相場を参考に分析してチャート上に視覚化される指標、それが各種のインジケーターの役割となっています。ローソク足だけではよくわからない相場も、チャートにインジケーターを表示させることで、パターンやエントリータイミング、相場分析などが視覚的に分かりやすくなるので、ぜひ活用していきましょう。

インジケーターはどう利用できますか?

インジケーターは目で見て分かりやすいという特徴があり、視覚的にチャートが認識しやすくなるのはメリットとなっています。視覚的な情報を頼りに、新規注文・決済注文のタイミングを見極めたり、トレンドの流れや転換を予想します。

2種類に区別されているインジケーター

インジケーターの種類は「買われ過ぎ、売られ過ぎ」を示すものと、「相場が上昇するのか、下降するのか」を教えてくれるもの、この2つに区別されています。

IFC Marketsが提供する取引ツールをダウンロードして、インジケーターをご利用下さい。

取引を開始する前、知識をテストしてください。

口座タイプの選択に必要な12の簡単な質問....
これは役に立ちましたか?
Likeいいえ