トレンドインジケーター

トレンド系指標は、その名が示すとおり、株式や証券CFDのトレンドを示すものです。証券CFDのトレーダーは、値動きが一定のトレンドにある時に資金を最大限活用します。したがって、トレンドの方向と、その調整局面を見極められることが極めて重要です。トレンド開始直後にポジションを持ち(エントリー)、トレンド終了直後にトレードを終了(エグジット)することができれば、かなりの成功を収めることができるでしょう。 では、以下のいくつかのトレンド系指標について見てみましょう。

  • 平均方向性指数(ADX)をご紹介

    ウェルズ・ワイルダー・ジュニアが開発したもので、ADX とは平均方向性指数を指します。価格トレンドの存在を確認すると広く考えられています。

  • 移動平均 (MA)

    SMA は、単純移動平均 (Simple Moving Average) の頭文字を取ったものです。価格曲線を滑らかにし、トレンドの特定向上に役立ちます。選択した SMA の期間が長いほど、局線は滑らかなものとなります。

  • 移動平均オシレーター(OsMA)をご紹介

    Moving Average of Oscillator(OsMA)は、MACDのシグナルと基準線のクロスや乖離幅を判り易く表したインジケーター。上にOsMA、下にMACDを入れてみました。

  • パラボリック(Parabolic)をご紹介

    パラボリック(parabolic)とは、大きなトレンドを見る上で役に立つテクニカルチャートです。パラボリックとは「放物線」を意味し、J・ウェルズ・ワイルダー氏が開発したテクニカル指標のことです。

Important Notice

IFC Markets is not a JFSA regulated entity and is thus not engaging in any action(s) which may be deemed to constitute a solicitation of financial services.This translated page is not intended for Japanese residents.


IFC MarketsはJFSAの監督下にはなく、金融サービスへの勧誘と見なされる行為は行っていません。この翻訳されたページは日本居住者向けではありません。