fbトレンドインジケーター | IFCM ジャパン
JA

トレンドインジケーター

トレンド系指標は、その名が示すとおり、株式や証券CFDのトレンドを示すものです。証券CFDのトレーダーは、値動きが一定のトレンドにある時に資金を最大限活用します。したがって、トレンドの方向と、その調整局面を見極められることが極めて重要です。トレンド開始直後にポジションを持ち(エントリー)、トレンド終了直後にトレードを終了(エグジット)することができれば、かなりの成功を収めることができるでしょう。 では、以下のいくつかのトレンド系指標について見てみましょう。

  • 平均方向性指数(ADX)をご紹介

    「ADX」は、2本の指数を使って「トレンドの存在・方向性・強弱」を判断するオシレーター系のテクニカル指標で、日本名で『方向性指数』と呼ばれます。

  • 移動平均 (MA)

    一般に移動平均線と言えば「単純移動平均線(Simple Moving Average)」を指し、その他「指数平滑移動平均(EMA)」、「加重移動平均(WMA)」などがあります。

  • 移動平均オシレーター(OsMA)をご紹介

    MACD のシグナルと同様で、

  • パラボリック(Parabolic)をご紹介

    パラボリックは、ローソク足チャート上のSAR(Stop And Reverse・ストップアンドリバース)という点を結ぶと放物線になります。SARは、保有している株をストップ(手仕舞い)し、次にリバース(反対)の取引を行うのに適した価格を指します。

取引を開始する前、知識をテストしてください。

口座タイプの選択に必要な12の簡単な質問....