対称型トライアングル

目的

トライアングルとは、価格の変動がサポートまたはレジスタンスの水平ラインに達して、次第に値動きの幅が極めて小さい調整局面に入る時に、三角形に囲まれたような形状になる継続(保ち合い)パターンです。 トライアングルは、形成され始める前のトレンドがどうであったかに応じて強気または弱気になります。トレンドが、トライアングルが形成され始める前に上向き傾向だった時は、強気の継続パターンです。トレンドが、トライアングルが形成され始める前に下向き傾向だった時は、弱気の継続パターンです。トライアングルは通常、長期にわたって形成されます。

インジケーターの設定について詳しくは こちらです

インジケーターをお試し
無料なデモ口座を開設すれば、教育書類と丁寧なサポートを受けて下さい。

対称型トライアングル

下向きの上辺のラインと上向きの下辺のラインで構成されている三角形のことを指します。もみ合いの中で何度か上下動を繰り返し、上値を切り下げ下値を切り上げます。上辺と下辺が交わる直前に上辺または下辺を突破し、トレンドを再開します。売買のポイントは、三角形の頂点の位置からトレンドを再開する時期(トライアングルラインの1/2から3/4まで)を割り出し、トレンドの再開の兆候が見られた場合すなわち上辺を抜けた場合は買いサイン下辺を抜けた場合は売りサインとみます。

売買のポイント

売買のポイントは、三角形の頂点の位置からトレンドを再開する時期(トライアングルラインの1/2から3/4まで)を割り出し、トレンドの再開の兆候が見られた場合すなわち上辺を抜けた場合は買いサイン下辺を抜けた場合は売りサインとみます。

対称型トライアングルのターゲット

対称型トライアングルのターゲットの計算式は以下のようにです。

上昇トレンドの場合、
T = BL + H

下落トレンドの場合、
T = BL – H

T = R + H

T – ターゲット

R – 抵抗線

H – 支持線と抵抗線の間の差


対称型トライアングルはどう利用すればいいですか?

IFC Marketsが提供している取引ツールをダウンロードして、チャットのパターンをご利用下さい。

Important Notice

IFC Markets is not a JFSA regulated entity and is thus not engaging in any action(s) which may be deemed to constitute a solicitation of financial services.This translated page is not intended for Japanese residents.


IFC MarketsはJFSAの監督下にはなく、金融サービスへの勧誘と見なされる行為は行っていません。この翻訳されたページは日本居住者向けではありません。