IFC Markets Forex Broker

サポートラインやレジスタンスライン

サポートとレジスタンスとは

サポート(支持線)やレジスタンス(抵抗線)を意識することは、為替取引を行う上で重要だ。簡単に言うと相場が下落する時に抵抗となるポイントがサポートであり、相場が上昇する時の抵抗となるポイントがレジスタンスである。

サポートラインとは、日本語で下値支持線といい、底値圏で下落する値段を支えている価格帯のことをいう。 言い換えると、チャートで安値で止まっているところに引くことができる水平線のことをいう。 サポートラインは多くの市場参加者が意識する相場のポイントとなっており、それまで下落しても何度も止められているために、サポートライン付近まで価格が下落すると買い戻しが入り、それ以上価格が下がりづらくなる。

レジスタンスラインとは、日本語で上値抵抗線といい、天井圏で上昇する値段の抵抗となっている価格帯のことをいう。 言い換えると、高値で何度も上昇が止められている価格帯に引くことができる水平線のことをいう。 レジスタンスラインも、サポートラインとともに多くの市場参加者が注目するポイントとなっており、それまで買いポジションを持っていた投資家の利益確定の目安になる。

サポート(支持線)やレジスタンス(抵抗線)を見つけ方とは?

支持と抵抗のレベルは傾向を識別し、取引決定するために使用される技術的な分析の本質的な部分である。支持と抵抗はあるレベルをテストするだけでなく、トレンドを確認し、テクニカル分析を使用するトレーダーが適用するべきツールである。

サポートレベルは前の安値を結ぶ線でマークされている。主要動向によっては、それが傾斜線または水平線のいずれかによってマークすることができます。

  • 上昇傾向では安値を結ぶトレンドラインとなり、正の傾きを有する支持体と考えられている。
  • 横トレンドにおいて下部トレンドラインは水平支持考えられている。

抵抗レベルは、前の高値を結ぶ線でマークされている。主要な傾向に応じて抵抗レベルは傾斜線または水平線のどちらかでマークすることができる。

  • 減少傾向では高値を結ぶトレンドラインは負の傾きを持つ抵抗と考えられている。
  • 横トレンドでは上のトレンドラインが水平抵抗と考えられている。
Technical Analysis: Resistance Line

上昇トレンドを識別するためには連続した各サポートやレジスタンスレベルが一先のサポートまたはレジスタンスより高いレベルでありべきである。サポートレベルがダウンして、前のローに下がるとそうでない場合は、例えば、これはどちら上昇トレンドが終了したか、少なくともそれが横にトレンドに変化することを示している。そうでない場合は(例えば)サポートレベルがダウンして、前のローに下がるとそれが上昇トレンドが終了したか、少なくともそれが横にトレンドに変化することどちらを示している。

逆に、減少傾向をも同じ方法で識別できる。

連続高値と高い安値が連続低い高値と低安値に変更すると上昇トレンドが少傾向に反転したことになる。言い換えれば、抵抗レベルはサポートレベルとなり、サポートレベルは抵抗レベルとなる。

サポート・レジスタンスレベルのこういうパターンは“rally”, “correction” または “trend reversal”と呼ばれている。

  • サポートレベルよりプライスが落ち超えるとトレーダはプライスがもっと落ちると考える。前のサポートレベルがレジスタンスレベルになる。
  • レジスタンスレベルのブレークの場合も同じことになる。

プライスがサポートとレジスタンスレベルの中にあり限り、トレンドが続く。

サポート・レジスタンスで取引戦略

サポートレベルの理論的根拠は価格がこのエリアに近づくとバイヤーがよりよいレベルを発見、買うようになる。だが、サポートで毎回プライスが上がるとは言えない。価格がサポートレベル以下に決壊した場合は売り手が売却する良い機会を示す。

その一方、価格が抵抗レベルに近づくと売り手が売却する機会になり、それがレジスタンスレベル基本である。

サポートやレジスタンスレベルでのreversalはトレンドを変える可能性になる。多くのトレーダはこれらのシグナルを確認取引戦略を立てているので、サポートとレジスタンスレベルは取引することにおいて重要なツールである。

Important Notice

IFC Markets is not a JFSA regulated entity and is thus not engaging in any action(s) which may be deemed to constitute a solicitation of financial services.This translated page is not intended for Japanese residents.


IFC MarketsはJFSAの監督下にはなく、金融サービスへの勧誘と見なされる行為は行っていません。この翻訳されたページは日本居住者向けではありません。