fbアール・エス・アイ(RSI) | IFCM ジャパン
JA

アール・エス・アイ(RSI) をご紹介

RSI(Relative Strength Index)は「相対力指数」とも呼ばれ、アメリカのJ.W.ワイルダー氏によって考案されたテクニカル分析(オシレータ系)です。一定期間(例えば14日)の株価の値上がり幅の合計と値下がり幅の合計をそれぞれ求め、それを以下の式で RSI値を求めます。
新しい戦略を体験
デモ口座を開設して、無料日本語サポートへアクセス。

利用方法

RSIは0%から100%の範囲で推移しますが、結論から言うと

  • 70%超えは買われ過ぎ、
  • 30%割れは売られ過ぎの水準と言われています。

また14日間の値動きで計算される場合が多くなっていますが、短期売買を行う場合は9日間、超長期のトレンドを見るときは75日などを使うこともあります。

  • RSIにかぎらず、オシレータ系指標の傾向として、強い上昇トレンド(もしくは下降トレンド)の状況下では、売買サインが機能しなくなるという特徴があります。
  • つまり、買われすぎのサインが出ても相場が上昇したり、売られすぎのサインが出ても下降することが少なくないのです。

オシレータ指標を見るときのシグナルのひとつに「ダイバージエンス」と呼ばれるものがあります。

  • ダイバージエンスとは、値動きとテクニカル指標の動き方が逆行する現象のこと。RSーのダイバージエンスは、下図のチャートのように価格が上昇(下落)しているのにもかがわらず、オシレータ指標が下降(上昇)した状態を指します。
  • とくにRSIが70以上のレンジでダイバージエンスが出現した場合は、その後に高い可能性で価格が下落に転じることが多いため、「強い売りサイン」になるといわれています。
Relative Strength Index Indicator

RSI取引戦略

RSI取引戦略はRSI値の30と70でBuyとSellシグナルを得る簡単な戦略です。

従って、よいレベルで買いたいトレーダはRSI値が30まで落ちることを目指しています。売りたいトレーダはその値が70まで上がることを目指しています。

計算方法

RSI = 100 – 100/(1 + RS)
RS (14) = Σ(価格の上げ)/Σ(|価格の下げ|)

アール・エス・アイ(RSI) はどう利用すればいいですか?

FAQ

インジケーターとは

FXインジケーターとは、チャート上やチャート下部に表示しているサポートツールであります。 インジケーターの活用は、そのチャートが示す意味を分かりやすくする効果があります。 多くの指標を組み合わせて分析することで、チャートをより正確に把握することができるようになります。

最高のインジケーターは何ですか?

今後の値動きを予想するために、過去相場を参考に分析してチャート上に視覚化される指標、それが各種のインジケーターの役割となっています。ローソク足だけではよくわからない相場も、チャートにインジケーターを表示させることで、パターンやエントリータイミング、相場分析などが視覚的に分かりやすくなるので、ぜひ活用していきましょう。

インジケーターはどう利用できますか?

インジケーターは目で見て分かりやすいという特徴があり、視覚的にチャートが認識しやすくなるのはメリットとなっています。視覚的な情報を頼りに、新規注文・決済注文のタイミングを見極めたり、トレンドの流れや転換を予想します。

2種類に区別されているインジケーター

インジケーターの種類は「買われ過ぎ、売られ過ぎ」を示すものと、「相場が上昇するのか、下降するのか」を教えてくれるもの、この2つに区別されています。

IFC Marketsが提供する取引ツールをダウンロードして、インジケーターをご利用下さい。

取引を開始する前、知識をテストしてください。

口座タイプの選択に必要な12の簡単な質問....
これは役に立ちましたか?
Likeいいえ