fbビル・ウィリアムズのインジケーター | IFCM ジャパン
JA

ビル・ウィリアムズのインジケーター


ここでは、ビル・ウィリアムズの指標群を順を追って説明して行くことにします。

  • フラクタル-(位相空間)
  • 原動力-(エネルギー位相)
  • 加速/減速-(電力位相)
  • 地帯-(電力位相)
  • バランスライン

価格の変更を分析するため、以下のインジケータが開発されていました。

  • Accelerator/Decelerator オシレータ (AC)

    基本的に0.000を境に、上回ってきた場合は上昇トレンド、下回ってきた場合は下降トレンドと見ます。 MACDとよく似た、オシレーター系の指標。

  • アリゲーター(Alligator)

    アリゲーター指標(アリゲーター)、ビルウィリアムズによって発明されたが、実際に移動平均の3つの異なる色の組み合わせを持って移動平均のシステムは、それぞれ、青ライン(あごのワニの代わりに)、赤線(ワニの歯の代わりに)、黄色の線(ワニ口の代わりに)。

  • オーサム・オシレーター

    ビルウィリアムズのオーサムオシレータ(Awesome Oscillator、AO)は、 (H+L)/2のバーの中点を横切って構築された5期間単純移動平均から同様に構築された34期間の単純移動平均を減算したものです。これは、現時点で市場の原動力に何が起こっているのかをはっきり示します。

  • フラクタル

    強気フラクタルは、5本の足から構成され、最高値を付けた足の直後の2本の足の高値が連続して切り下がっている。逆に、弱気フラクタルは、最安値を付けた足の直後の2本の安値が連続して切り下がっている状態にある。

  • Gator オシレータ

    このオシレータはAlligatorの赤線と青線の差を上向きのヒストグラムに、赤線と緑線の差を下向きのヒストグラムに表示する。

  • BW MFI (Market Facilitation Index)

    テイックごとの値動きを表してます。出来高等を使ってあらわすため、ここの業者との会いたい取引のため実際に使えるかどうかは微妙です。
    新しい戦略を体験
    デモ口座を開設して、無料日本語サポートへアクセス。

    利用方法

    • 緑バー - MFI値と取引量が上昇します。トレンド力が上がります。
    • 青バー - MFI値が上昇、取引量が下落します。トレンド力が下がります。
    • 赤バー - MFI値が下落、取引量が上がります。トレンドの補正が可能です。
    • 茶色のバー - MFI値と取引量が下落します。...