IFC Markets Forex Broker

ボリンジャーバンドをご紹介

目的

ボリンジャーバンドとは、移動平均線を基準にしてその上下に標準偏差の線を引いたものです。移動平均線と一緒にまとめて、1つのインジケーターとなります。ボリンジャーバンドはジョン・ボリンジャー氏によって考案されましたが、指標がバンドのようになっていることから、このような名前が付けられました。±2の標準偏差を扱った場合には、上下のバンドを取引価格値が越える可能性は約95パーセントと言われています。このため、通常ローソク足チヤートは、この上下2本のバンドの範囲に収まっているということになります。

インジケーターの設定について詳しくは こちらです

インジケーターをお試し
無料なデモ口座を開設すれば、教育書類と丁寧なサポートを受けて下さい。

利用方法

ボリンジャーバンドは3つのSMAから成っている:

  • - 20日のSMA+2ディビジョン
  • - 20日のSMA
  • - 20日のSMAー2ディビジョン

このような性質から、ボリンジャーバンドは相場において取引上のサインを判断するための指標として用いられています。 例えば取引価格が上下いずれかのバンドにかなり近づいた時には、そのバンドを超える可能性はとても低いということになります。そのため、逆張りの取引を行うという戦略が考えられます。また取引価格が上下いずれかのバンドを越えた場合は、強いトレンドが生まれたということで順張りの戦略が考えられるでしょう。

取引価格のチャートでなだらかな期間が続くレンジ相場では、もし取引価格がいずれかのバンドを越えたのであれば、それは強いトレンドが生まれたというシグナルとして取らえられ、順張りの取引戦略が考えられます。

つまり、「パラメーター」タブの中の「偏差」の数字が「2」の場合に偏差の数が「1」のボインジャーバンドを上下に引こうとするならば、「+0.5」と「-0.5」の2つの追加項目を作ることになります。

ボリンジャーバンド取引戦略

ボリンジャーバンド戦略の目的は売られ過ぎや買われ過ぎの市場を確定し、それで利益することです。価格が上のバンド(買わわれ過ぎ)と接触したとき高すぎると考えられ、下のバンド(売られ過ぎゾーン)に触れた場合は逆に価格が低すぎるという意味をします。この戦略は売買の即時の信号を確定するために使用されています。価格を基準に上下のバンドの使用はこの戦略を使用する最も簡単な方法です。価格はいくつかの簡単な移動平均を下に交差する場合は下のバンドは価格ガイドの下限となります。価格は同じ単純移動平均を横切る場合は上のバンドは、価格ガイドの上限値になります。

ボリンジャーバンド線が上限と中央線の間であれば、上昇トレンドの有無を判断することを考えられます。価格は中央分離帯を下回った場合この場合、それ減少傾向変動に関する警告だけでなく、ショートポジションを開くための信号と考えられます。

計算方法

ミドルライン(ML)はSMAラインです:

ML = SUM [CLOSE, N]/N


上のライン(TL)はML+ディビジョン(D)

TL = ML + (D*StdDev)


下のライン(BL)はMLーディビジョン(D)

BL = ML — (D*StdDev))


N — 計算された時間枠 ML — 移動平均 StdDev — ディビジョン

ボリンジャーバンドはどう利用すればいいですか?

IFC Marketsが提供する取引ツールをダウンロードして、インジケーターをご利用下さい。

Important Notice

IFC Markets is not a JFSA regulated entity and is thus not engaging in any action(s) which may be deemed to constitute a solicitation of financial services.This translated page is not intended for Japanese residents.


IFC MarketsはJFSAの監督下にはなく、金融サービスへの勧誘と見なされる行為は行っていません。この翻訳されたページは日本居住者向けではありません。