オシレータ

オシレーター系指標は、その名が示すとおり、株式や証券CFDの価格の上昇・下降に伴い上下する指標です。オシレーター系指標は、現在のトレンドの強さ、そしてそのトレンドがいつ勢いを失って反転する危険があるのかを判断する上で有効です。
例えば、ある証券CFDのオシレーター系指標があまりに急激に上昇している場合、その証券CFDは買われ過ぎ(すなわち、あまりに多くの人がすでに買ってしまい、これ以上価格を押し上げる程十分な勢力が市場に残っていない)と考えられます。これは、その証券CFDが勢いを失って反転し、下降するか横ばいの危険にあることを示唆するものです。また、ある証券CFDのオシレーター系指標があまりに急激に下降している時には、売られ過ぎ(すなわち、あまりに多くの人が売ってしまい、価格を押し下げるのに十分な勢力が市場に残っていない)の状態にあると考えられます。これは、その証券CFDが下落の勢いを失って反転し、上昇するか横ばいの危険にあることを示唆するものです。
では、以下のいくつかのオシレーター系指標について見てみましょう。

  • テクニカルインジケーター: RSI Bars

    RSI-Barsとは、当社独自開発オシレーターで、人気のある相対力指数(RSI)の 改変です。RSI-Barsは相場の運動量の安定性を持ち、トレンドの力を確定することが出来ます。

  • ATRをご紹介

    ATR(Average True Range)は相場の変動率(ボラティリティ)を計るテクニカル指標であり、方向や転換を表すものではありません。他のテクニカルと組み合わせたフィルターとして利用される事が多いようです。

  • ボリンジャーバンドをご紹介

    ボリンジャーバンドとは、移動平均線を基準にしてその上下に標準偏差の線を引いたものです。移動平均線と一緒にまとめて、1つのインジケーターとなります。ボリンジャーバンドはジョン・ボリンジャー氏によって考案されましたが、指標がバンドのようになっていることから、このような名前が付けられました。±2の標準偏差を扱った場合には、上下のバンドを取引価格値が越える可能性は約95パーセントと言われています。このため、通常ローソク足チヤートは、この上下2本のバンドの範囲に収まっているということになります。

  • コモディティチャンネルインデックス(Commodity Channel Index - CCI)をご紹介

    考案者:ドナルド・ランバート(Donald Lambert)1980年。商品市場でのサイクル性を発見するために考案。

  • DeMarkerインジケータをご紹介

    このインジケータはトムデマークで作られた。DeMarkerインジケータは高値と安値を表示する。

  • エンベロープインジケーターをご紹介

    エンベロープとは、移動平均線を一定の割合で上下に乖離させたテクニカル指標です。

  • 勢力指数(Force Index - FRC)をご紹介

    投資苑1、及び、2に詳しく紹介されている。エルダー博士が独自に考案した指標である。  「勢力指数」の ema(2) では、チャート上の ema(13) の方向の「押し・戻し」を検出しポジションを取る方法と、「勢力指数」の ema(13) で、方向性の確認をする。

  • 一目均衡表(Ichimoku)をご紹介

    一目均衡表は、日本人のFXトレーダーの間で最も使用されているインジケーターのひとつだが、海外でも一目均衡表を高く評価しているFXトレーダーはいるようだ。 一目均衡表はFX用のインジケーターで標準装備されているが、その視認性等、やや使いにくさを感じるのも事実である。

  • MACD「マックディー」をご紹介

     MACDは長短2つの期間(eワラントチャートの場合は12日と26日)の移動平均線から算出したMACDとシグナル(MACDの移動平均)から売買のタイミングを判断するものです。

  • モメンタム(Momentum)

    モメンタムは、「相場の勢い」を表すようです。相場より早く反応する指標のようなので、エントリーの判断に使える。

  • 相対的な活力指数 (Relative Vigor Index – RVI) をご紹介

    レラティブ・ボラティリティー(RVI)はRSIを応用した指標で、「相場のボラティリティーが拡大傾向にあるか」「縮小傾向にあるか」を見る指標です。

  • アール・エス・アイ(RSI) をご紹介

    RSI(Relative Strength Index)は「相対力指数」とも呼ばれ、アメリカのJ.W.ワイルダー氏によって考案されたテクニカル分析(オシレータ系)です。一定期間(例えば14日)の株価の値上がり幅の合計と値下がり幅の合計をそれぞれ求め、それを以下の式で RSI値を求めます。

  • ストキャスティクス (Stochastic) をご紹介

    Stochastic はオシレータです。%K 線と %D 線と呼ばれる 2 本の線から構成され、期間の長さを指定する n と m という 2 つのパラメータで制御されます。%K と %D の両線とも、0 から 100 の範囲にプロットされます。両方とも、引け値と選択した期間の長さの合計価格範囲との関係を測定するものです。

  • ウィリアムズ%R

    ウィリアムズのパーセントレンジ インジケータは、引け値と n 期の合計価格範囲との関係を特定するものです。stochastic オシレータと同様のオシレータですが、負の領域に上下逆にプロットされます。

Important Notice

IFC Markets is not a JFSA regulated entity and is thus not engaging in any action(s) which may be deemed to constitute a solicitation of financial services.This translated page is not intended for Japanese residents.


IFC MarketsはJFSAの監督下にはなく、金融サービスへの勧誘と見なされる行為は行っていません。この翻訳されたページは日本居住者向けではありません。