fbATR (Average True Range) | IFCM ジャパン
JA

ATRをご紹介

ATR(Average True Range)は相場の変動率(ボラティリティ)を計るテクニカル指標であり、方向や転換を表すものではありません。他のテクニカルと組み合わせたフィルターとして利用される事が多いようです。
新しい戦略を体験
デモ口座を開設して、無料日本語サポートへアクセス。

利用方法

ポンド円日足チャートのメインチャート部分に「ATR Channels」を表示させ、サブウインドウ部分にATRを入れました。この「ATR Channels」は、移動平均線を中心に上下3本ずつバンドを表示させるMT4インジケーターです。バンド幅はATRの倍数で、ケルトナーチャネルとも呼ばれます。基の設定で、中心のMAはLWMA(線形加重移動平均)の45本線。バンド幅はATRの1.6、3.2、4.8倍です。パラメーターで、MAの種類、何本線か、バンド幅の乗数、全て変更可能。

How to Use ATR Indicator

計算方法

ケルトナーチャネルは開発時からは色々改良されて、中心線はSMAやEMAの20が使われたりしていますが、ラインブレイクはトレンドが出ている状態と見た、トレンドフォロー的な使い方が基本の手法です。

  • 1日間の高値と安値の差
  • 1日前の高値と安値の差
  • 1日前の1日前のと今日の安値の差

ATR (Average True Range) はどう利用すればいいですか?

FAQ

インジケーターとは

FXインジケーターとは、チャート上やチャート下部に表示しているサポートツールであります。 インジケーターの活用は、そのチャートが示す意味を分かりやすくする効果があります。 多くの指標を組み合わせて分析することで、チャートをより正確に把握することができるようになります。

最高のインジケーターは何ですか?

今後の値動きを予想するために、過去相場を参考に分析してチャート上に視覚化される指標、それが各種のインジケーターの役割となっています。ローソク足だけではよくわからない相場も、チャートにインジケーターを表示させることで、パターンやエントリータイミング、相場分析などが視覚的に分かりやすくなるので、ぜひ活用していきましょう。

インジケーターはどう利用できますか?

インジケーターは目で見て分かりやすいという特徴があり、視覚的にチャートが認識しやすくなるのはメリットとなっています。視覚的な情報を頼りに、新規注文・決済注文のタイミングを見極めたり、トレンドの流れや転換を予想します。

2種類に区別されているインジケーター

インジケーターの種類は「買われ過ぎ、売られ過ぎ」を示すものと、「相場が上昇するのか、下降するのか」を教えてくれるもの、この2つに区別されています。

IFC Marketsが提供する取引ツールをダウンロードして、インジケーターをご利用下さい。

取引を開始する前、知識をテストしてください。

口座タイプの選択に必要な12の簡単な質問....
これは役に立ちましたか?
Likeいいえ