ウィリアムズ%R

説明

ウィリアムズのパーセントレンジ インジケータは、引け値と n 期の合計価格範囲との関係を特定するものです。stochastic オシレータと同様のオシレータですが、負の領域に上下逆にプロットされます。

インジケーターの設定について詳しくは こちらです

インジケーターをお試し
無料なデモ口座を開設すれば、教育書類と丁寧なサポートを受けて下さい。

取引ルール

【買いシグナル】

  • 「%R」が上限ライン(90%~100%)に到達した場合、相場が底を打った可能性が高まり、50%を割り込んだ場合、買い ☆ラリー・ウィリアムズ(Larry Williams)の推奨。100%に到達後、5日間待ち、95%以下に下落した後、買う
  • 強気の乖離(ブリッシュ・ダイバージェンス)。下落トレンドで、最初の安値で「%R」が上限ラインより上に上昇(売られ過ぎ)し、次の安値で上限ラインを超えられなかった場合、上昇トレンドの可能性が高まります。
  • フェイラー・スウィングズ。「%R」が上限ラインに到達することなく反落した場合、買い方が優勢となり、上昇トレンドの可能性が高まります。

【売りシグナル】

  • 「%R」が下限ライン(10%~0%)に到達した場合、相場が天井を打った可能性が高まり、50%を上回った場合、売り
  • 弱気の乖離(ベアリッシュ・ダイバージェンス)。上昇トレンドで、最初の高値で「%R」が下限ラインより下に下落(買われ過ぎ)し、次の高値で下限ラインを超えられなかった場合、下落トレンドの可能性が高まります。
  • フェイラー・スウィングズ。「%R」が下限ラインに到達することなく反発した場合、売り方が優勢となり、下落トレンドの可能性が高まります。

ウィリアムズ%R取引戦略

ウィリアムズ%Rは市場が市場は売られ過ぎや買われ過ぎの状態を示してくれるツールてす。 この戦略は簡単です:%R が-80%よりしたに落ちた場合は買い、逆に-20%に上がった場合は売ることです。

R% = - ((H – C)/(H – L)) x 100;

C – 最後クロスの価格
L – 安値
H – 高値

ウィリアムズ%Rはどう利用すればいいですか?

IFC Marketsが提供する取引ツールをダウンロードして、インジケーターをご利用下さい。

Important Notice

IFC Markets is not a JFSA regulated entity and is thus not engaging in any action(s) which may be deemed to constitute a solicitation of financial services.This translated page is not intended for Japanese residents.


IFC MarketsはJFSAの監督下にはなく、金融サービスへの勧誘と見なされる行為は行っていません。この翻訳されたページは日本居住者向けではありません。